日本語(JP)
English

「リスク0から事業をWeb3化」NFTCloakがブロックチェーンEXPO【春】に出展

「リスク0から事業をWeb3化」NFTCloakがブロックチェーンEXPO【春】に出展

2023年5月10日(水)~12日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第4回ブロックチェーンEXPO【春】」に、株式会社プレイシンクが「リスク0から事業をWeb3化できる」として、「NFTCloak」を出展すると発表した。

プレイシンクはNFT技術を活用したサービスの社会実装を進める企業である。

NFTCloakは、企業が安心して導入できユーザーが安全に利用できるウォレットを提供し、既存事業を顧客ごとにWeb3対応することが大きな特徴だ。企業が持つ数百万や数千万の顧客基盤にウォレットを即時に接続させることができ、簡単にWeb3事業を立ち上げることが可能となる。

当日は、NFTCloakを利用した行動証明の発行とユーティリティ利用を体験できるほか、プレイシンクの取締役陣によるWeb3導入の相談会も実施される。Web3導入を検討している企業担当者は、是非ブースを訪れてみるといいだろう。

開催概要は以下の通りだ。
開催日時:2023年5月10日(水) ~ 12日(金) 10:00 ~ 17:00
会場:東京ビッグサイト(南展示棟)
主催:RX Japan株式会社
NFTCloakブース情報:小間番号21-22(最寄り出入口 南4ホール「ブロックチェーンEXPO」)

関連URL

関連記事

プレイシンクが提供するNFTウォレット「NFTCloak」が朝日放送テレビの『Q-1 NFTプロジェクト』に採用

プレイシンクが提供するNFTウォレット「NFTCloak」が朝日放送テレビの『Q-1 NFTプロジェクト』に採用

ブロックチェーンEXPO 2023春初日レポート

ブロックチェーンEXPO 2023春初日レポート

TwitterアイコンをNFT化できる、NFTアイコンメーカー『iconee』α版リリース

TwitterアイコンをNFT化できる、NFTアイコンメーカー『iconee』α版リリース

プレイシンクの「NFTCloak」、ピーディーシー株式会社の「OneGATE」に採用

プレイシンクの「NFTCloak」、ピーディーシー株式会社の「OneGATE」に採用

この記事をシェアする

ポストする
Facebookでシェア
はてなブックマーク