English
SignIn
ニュース・記事

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にログインできない!アカウントが作れない時の対処法。【新バージョンへのリンクを追加】

update at :

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、使いやすいオンラインウォレットとして、初めてオンラインウォレットを利用する人にも多く選ばれています。ですが、セキュリティの高さゆえ、ログイン出来なくなると対処法がわかりにくいということも起こります。今回は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)がログイン出来ない時やアカウントが作れない時の対処法について説明します。

ツイート

本記事は旧バージョンの記事です。
現在は、秘密鍵やKeystoreFileでのログインは非推奨とされています。

新たにマイイーサウォレットへ登録を行う場合は、MEWconnect、ハードウェアウォレット、Metamaskを使用してログインしましょう。
※2020年6月現在、旧バージョンへのアクセスは現在終了しています。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)について

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、Ethereumのトークンを扱えるウォレットとしてもっとも有名なウォレットです。

イーサリアムなどの送金を行うためにMyEtherWallet(マイイーサウォレット)でアカウントを作ったけど、ログインが出来なくなった!という状況は非常に困ります。

自分の資産が引き出せなくなってしまうと、仮想通貨の取引やDappsゲームをプレイするのに支障をきたします。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)はMetaMask(メタマスク)とも連携できるので、Dappsゲームをプレイするにおいてアカウントを持っておきたいウォレットです。

今回は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を開設したけどログイン出来ない時やそもそもアカウントが作れない時の対処法について説明します。

登録方法や基本的な使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でパスワード(秘密鍵)が必要な状況

まず、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でウォレットの操作が求められる項目(秘密鍵の入力)は、トップページのメニューバーにある「Ether/トークンの送出」や「お財布状況の確認」などです。

下記画像の赤枠で囲われた項目です。

ウォレットを操作するには秘密鍵という暗号が必要です。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、取引所のウォレットと異なり、ログインIDやパスワードはありません。

秘密鍵はアカウントを作成した時に付与されます。これが実質パスワードの役割を果たします。

結論から言うと、この秘密鍵を紛失するとウォレットの操作ができなくなります。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にウォレットを作成した時は、この暗号鍵はファイルでダウンロードするか、紙で保管するなど絶対に紛失しないようにしましょう。

秘密鍵は再発行することができない?

取引所などであれば、パスワードを忘れても再発行が可能です。

ですが、オンラインウォレットで発行した秘密鍵は基本的に再発行ができません。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の公式Webページでも説明がされています。

一つのアカウントで一つの暗号鍵しか発行できないのは、ブロックチェーンの特徴の一つです。

オンラインウォレットという高いセキュリティを得るため、ユーザーも自分の暗号鍵は自分で管理しないといけません。

秘密鍵を使用せずに、ウォレットへログインし操作する方法

秘密鍵を紛失すると、ウォレットの操作ができなくなってしまいますが、事前に対処方法をとることができます。

ここでは、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でウォレットを作成した際に、まずやっておきたい対処方法について説明します。

MetaMask(メタマスク)と連携しておく

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でウォレットを作成したら、MetaMask(メタマスク)と連携しておくことをオススメします。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のウォレット操作は、MetaMask(メタマスク)でも行うことができます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にログインできない!アカウントが作れない時の対処法。【新バージョンへのリンクを追加】

MetaMask(メタマスク)にログインができる状態であれば、「秘密鍵のエクスポート」という項目から秘密鍵を抽出することができます。

Dappsゲームをやるのであれば、MetaMask(メタマスク)は必須のウォレットですので、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のウォレット開設と同時に連携しておきましょう。

Keystore/JSONファイルを保存しておく

Keystore/JSONファイルとは、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)で秘密鍵を作成した際に、自動で作られるファイルです。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)では、このKeystore/JSONファイルを添付することで、ウォレットの操作を行うことができます。

しかし、Keystore/JSONファイルは自動で作られますが、ダウンロードするかはユーザーの任意になるので、ウォレット作成時には必ずKeystore/JSONファイルをダウンロードしておきましょう。

ただしKeystore/JSONファイルだけでは、まだウォレットの操作はできません。

ファイルに加えて、ウォレットを作成する時に使ったパスワードを入力することでウォレットの操作を行うことができるようになります。

ウォレットを作成する時に使ったパスワードとは、下図に入力したパスワードのことを指します。

ハードウェアウォレットと接続しておく

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、持ち運びできるウォレットであるハードウェアウォレットと接続することができます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)と接続できるハードウェアウォレットは、Ledger Wallet、TREZOR、Digital Bitbox、Secalotの4つです。

ハードウェアウォレットと接続しておけば、秘密鍵を入力しなくてもMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の操作ができるようになります。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でウォレットが作成できない!

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、基本的にiphoneやipadではウォレットを作成することができません。

ただし、Chromeから「PC版サイトを表示する」を選択すると、iphoneやipadでもウォレットを作成することができるようです。

ただし、セキュリティ上この方法はあまりおすすめされていません。

自宅にPCがある場合は、PCでウォレットを作成するようにしましょう。

まとめ

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、イーサリアムの送金に適したオンラインウォレットですが、セキュリティが高いあまり秘密鍵を紛失するとウォレットの操作が行えないというデメリットがあります。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)だけではなく、ほとんどのオンラインウォレットでは、秘密鍵を紛失するとウォレットの操作ができなくなるので覚えておきましょう。

また、万が一に備え、MetaMask(メタマスク)と連携しておく、Keystore/JSONファイルをダウンロードしておく、といった対処をあらかじめ取っていれば紛失のリスクを軽減することができます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でウォレットを作る際はこれらのことに注意しておきましょう。

【新バージョン】MEWconnectでのマイイーサウォレットログイン方法はこちら

【新バージョン】KeystoreFile、秘密鍵ログインをメタマスクに切り替える方法はこちら

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

なかやん@投資ブログ

証券会社→人材系ベンチャー→SEOコンサル。投資・Web・ゲーム・音楽の話を世田谷区から発信するアラサー男性。「20代で投資に全振り手帳」というブログを運営する傍ら、投資(株式・仮想通貨)に関する記事をメディアに寄稿するライター活動も行っています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • この著者による記事

    XPってどんな仮想通貨?Steamでゲームをプレイするともらえるって本当?
    eスポーツでの活用が期待されている、仮想通貨XPについて特徴と将来性について説明していきます。またSteam内でどのような使われ方をされているのか、分裂についても解説を加えていきます。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-09-04
  • モバイルウォレットのTrust(トラスト)とは?登録方法と設定の仕方について徹底解説!
    モバイルウォレットはDappsゲームやICOを行うにあたってとても便利なアプリです。様々なモバイルウォレットが開発されている中、今回は最近海外大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の傘下に入ったTrust(トラスト)というモバイルウォレットについて登録方法や使い方について解説します。
  • DApps入門
  • 2018-10-11
  • tokenPocket(トークンポケット)の使い方と登録の手順を説明!iPhoneでも使える仮想通貨ウォレット!
    tokenPocket(トークンポケット)は、イーサリアム・ERC20トークンに対応した純国産のスマホ用ウォレットアプリです。iPhoneで使用することができ、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)と異なりアプリでウォレットを管理できるという手軽さが魅力です。今回は、tokenPocket(トークンポケット)の使い方と登録方法について説明します。
  • DApps入門
  • 2018-10-09
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?登録方法と使いかたを徹底解説します!
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、イーサリアムを保管するのに使われているオンラインウォレットの中で、最も人気のあるウォレットです。この記事では、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の特徴と登録方法、使い方について解説していきます。
  • DApps入門
  • 2018-09-21
  • DApps入門の記事

    【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUとは
    ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUは、大切な指標としてこの一年間大切な指標として重要視されていました。 そのDAUがどのようにして計測されているのかを解説します。
  • DApps入門
  • 2019-07-08
  • 【初心者向け】MyCryptoHeroesをGoogleAccountで始める方法
    MyCryptoHeroesはEthereumチェーン上で動いているブロックチェーンゲームですが、Googleのアカウントのみでも登録し、遊ぶことができます。 メタマスクやウォレットアプリを入れて…と言った煩雑な作業をひとまずは後に回して、まずMyCryptoHeroesがどんなゲームかを触ってみたい人向けの記事です。
  • DApps入門
  • 2019-01-29
  • Uniswap|ゲームトークンの流動性マイニングのやり方と注意点まとめ
    DeFiの動きを受けて、ゲームトークンをUniswapに流動性提供をして、そこで得られるLPトークンをさらに預けることでゲームトークンを得ることのできるゲームが登場してきています。やり方と注意点をまとめます。
  • DApps入門
  • 2020-10-26
  • ニュース・記事

    BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ
    バイナンスのブロックチェーンであるBainanceSmartChain。DeFiが盛り上がっているタイミングでプロダクトがちらほら登場してきました。BCGも少しですが出始めているので、プレイする方法を紹介します。
  • DApps入門
  • 2020-10-28
  • Uniswap|ゲームトークンの流動性マイニングのやり方と注意点まとめ
    DeFiの動きを受けて、ゲームトークンをUniswapに流動性提供をして、そこで得られるLPトークンをさらに預けることでゲームトークンを得ることのできるゲームが登場してきています。やり方と注意点をまとめます。
  • DApps入門
  • 2020-10-26
  • 決定的瞬間がNFTに!NBA Top Shotまとめ
    DapperLabsが開発しているFlowのBCG「NBA TopShot」についてまとめます。好調な売上を見せており、今後注目のBCGです。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-10-24
  • double jump.tokyo、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System」β版をリリース!NFT取引所「miime」との実証実験を開始!
    ※以下プレスリリースの内容を掲載しています。 Game+Blockchain - ゲームにエコシステムをプラス!- ブロックチェーンゲーム開発支援サービスMCH+  ブロックチェーンゲームの開発・運営を行うdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」にて、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System」(以下、MCH+AMS)を開発し、株式会社メタップスアルファ(本社:東京都港区、代表取締役:山﨑 祐一郎)が運営するNFT※1の取引所「miime(ミーム)」と、MCH+AMSを介したNFTの出品、購入を可能にする実証実験を2020年10月26日より開始いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-10-23