English
Connect
ニュース・記事

Web3ペイメントの「Slash」がArribaX 2022ピッチイベントで最優勝賞・特別賞をダブル受賞

Web3ペイメントサービスの「Slash」が12月5日に開催された「ArribaX 2022 supported by NewsPicks Studios」のピッチイベントにて最優勝賞と特別賞をダブル受賞したと発表した。

ArribaX 2022 supported by NewsPicks Studios」はArriba Studioが主催でNewsPicksが共済の日本発でグローバルに挑戦するweb3スタートアップのためのピッチイベント。
事前応募の中からファイナリストに選ばれた5社(DMTP、あるやうむ、Slash、Drives、Bunnz)がピッチを行った。

ピッチの様子

Web3サービスでは、暗号通貨やスマートコントラクトなどのブロックチェーン技術を活用して、新しいビジネスモデルやサービスが模索されている、いずれのスタートアップも、ブロックチェーンを利用した新規性の高いWebサービスの構築を行っており、Web3界隈の注目が高いプロジェクトがファイナリストに選ばれた。

審査は以下の方々がオンラインからも審査員として参加し行われた。

審査委員(決定順)
Lucheng Li (Z Venture Capital)
Takashi Fujishima (Jump Crypto)
Hironobu Ueno (double jump.tokyo)
Richard Zhang (DST Global)
Akio Tanaka (Headline Asia)
Suji Yan (Mask Network)
Gen Kanai (Animoca Brands)
Emi Yoshikawa (Ripple)
Takashi Sato (Arriba Studio)

MC : Ayana Kizaki (NewsPicks Studios)

出典 : x.arriba.studio

Bunnz

BunnzのMiyasaka氏

最初にBunnzのMiyasska氏のピッチ。Bunzzは、DApp開発プラットフォーム。ブロックチェーンへのデプロイもBunzzからシームレスに実行でき、Web3サービスの開発者にとって利便性が高い機能を備えていて、エンジニアの痒いところに手が届くサービスとして東南アジアでユーザーを拡大している。

slash

slashはWeb3ペイメントサービス。本ピッチで優勝と特別賞をダブル受賞した。サービス内容は後述したので、そちらを読んでいただきたい。

審査員から鋭い質問も

Arriba StudioのSato氏

審査員からは時折、鋭い質問も投げかけられ、忖度を感じないピッチであると感じた。

DRIVEZ

DRIVEZ

DRIVEZは英語学習に特化したLearn2Earnプロジェクト。従来のEdTechにweb3を絡めることで金銭的インセンティブによる学習の継続が期待できるとしている。暗号資産に馴染みが無いユーザーにも使用してもらえるようなインセンティブプログラムを提供するのも大きな特徴だ。

DMTP

DMTPは「Web3のコミュニケーションのインフラを整える」というコンセプトの元、ウォレットアドレスベースでメッセージのやり取りができるプロトコルを開発している。
今回優秀賞を獲得した。

double jump.tokyoの上野氏や、Animoca BrandsのKanai氏等はリモートで審査員として参加。

あるやうむ

「あるやうむ」は自治体向けにふるさと納税NFTや観光NFTを発行するプロジェクト。ブロックチェーンゲームのクリプトスペルズとコラボし、ゲームで使用できるNFTの返礼品を提供するなど、地方創生のNFT活用を進めている。

トークセッション

2023年、Web3スタートアップは大企業とどう連携すべきか〜大企業の脳内と具体的なラブコール〜

Marin Matsubara (Bandai Namco Entertainment 021 Fund)
Daisuke Urushiyama (Hakuhodo DY Ventures)
Takahiro Saito (Daiwa Securities Group)
Moderator : Miyasaka (Arriba Studio)

「2023年、Web3スタートアップは大企業とどう連携すべきか〜大企業の脳内と具体的なラブコール〜」と題したトークセッションが行われた。2023年の展望というお題に対して、大和証券のSaito氏はゲーム関連プロジェクトへの勉強と理解を深めると述べた。博報堂のUrushiyama氏はトークンファイナンスは難しいとしながらも、PlaythePlayのようなスポーツNFTプロジェクトは実施していくと話した。バンダイナムコのMatsubara氏は、大手の各ゲーム会社が取り組んでいるブロックチェーンプロジェクトを意識しているので、2023年は具体的なものを出す動きになると思うと語った。
2023年は大手各社が大きく動きだす年になりそうな期待を感じたトークセッションとなった。

世界各地で活躍する若手Web3起業家同時多面中継

Kengo Masuyama (BOBG from Singapore)
Shun Ishikawa (Stake Technologies from Amsterdam)
Motoki Takahashi (InsureDAO from Lisbon)
Masato Tsutsumi (PENTA from Dubai)
Moderator : Tamaya (Arriba Studio from Sydney)

世界各地で活動している日本人の若手Web3起業家たちの海外生活事情や、クリプト法律面の特徴など生の声が聞けるトークセッション。

PENTAのTsutsumi氏は「その国のカルチャーとコミュニティーは大切にした方がいい」とアドバイス。参加者の共感を得ていた。

Stake TechnologiesのIshikawa氏はアムステルダムで仕事をしている。Astarはヨーロッパ時間で働いているので、海外にいるスタッフとの時差に困っていたと話す。そこで、最適な場所を選んだ結果、アムステルダムで、7−19時で働けるようになり、ようやく人間らしい生活を過ごせるようになったと話した。

BOBGのMasuyama氏は、シンガポールは家賃が高く、一人用の部屋でも2、30万かかるので、シェアルームが一般的だと話した。また娯楽が少ないので、サウナが近くにある部屋を探したそうだ。氏はストレスを発散できる手段を確保する事も大事だと語った。

Arriba StudioのTamaya氏から「海外で起業を考えている人へのアドバイスはありますか?」との問いでは、「テクノロジーならEU、コンテンツはアメリカ、B2Bならシンガポール」だと思うので、どの領域をやりたいかで選択する国もかわるとIshikawa氏が答え、クリプトグローバルに頭を切り替えるには海外に行く事がは手っ取り早い方法と述べた。

最後にWeb3業界・大忘年会が行われ、飲み物と食事が提供された。

ピッチで優勝した「Slash」とは?

Slashは暗号資産での支払いを可能にするペイメント・ソリューションで、ECサイトや実店舗への導入を加速しているスタートアップ。

2022年中に導入数を100店舗に成長させることを目指しており、今後はクロスチェーン決済対応に向けた検討を行っている。

対応するチェーンはEthereum(ETH)、BNB Chain(BNB)Polygon(Matic)、Avalanche C-Chain(AVAX)他主要なトークンに対応している。また、様々なDEXの分散型流動性を利用したトークン決済システムとなっており、Uniswap V2やいくつもの分散取引所に対応している事も特徴だ。

現在「Slash Web3 Payments」以外のプロダクト開発も進めており、
Slash.Genesis」ではSBT※を活用したKYCソリューションとロイヤルカスタマー向けサービスを開発している。
「NFT Vault」では保有しているNFTに暗号資産を預け入れることのできる新規性の高いプロダクトとなる。

将来的には「NFT Vault」を活用し、NFCを通じた暗号資産決済の実現も視野にいれており、2023年には、Slashエコシステムのトークン発行や、シリーズAの資金調達やトークンのローンチを予定している。


今回のピッチに優勝したことでNewsPicksで人気のライブ経済情報番組「The UPDATE」に、「Slash」CEOのSato氏がピッチイベント入賞を記念して出演している様子が2023年1月に公開される予定だ。

https://newspicks.com/movie-series/10/

またArribaX 2022ピッチイベントの特設サイトがあり、ファイナリストに上がった企業へのインタビューなど掲載されているので、合わせて読んで見てほしい。
イベントWEBサイト:https://x.arriba.studio/
イベント特設WEBサイト:https://medium.com/arriba-studio
Twitter:https://twitter.com/arriba_studio

※SBTとはSoulBound Token(ソウルバウンドトークン)のこと。魂に紐付けられたトークンという意味で、ヴィタリック・ブテリン氏が2022年5月に発表した論文「Decentralized Society: Finding Web3’s Soul」内で提唱された。本人を認証するNFTとしてウォレットに紐付けられ譲渡不可のNFTとして卒業証明や、支払い証明などブロックチェーン上の本人認証の仕組みとして注目されている。

https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=4105763

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

Sorare(ソラーレ)NFTサッカーゲームの遊び方・稼ぎ方を初心者向けに解説(2023年版)
「Sorare(ソラーレ)を始めてみたい」 「SorareでNFTを稼げるって聞いたけど、本当?」 2023年現在、このような思いでSorareに登録しようか悩んでいる人は多いでしょう。 この記事では、Sorareサッカーゲームの特徴と遊び方、そして稼ぎ方について詳しく紹介します。 「本当にSorareで稼げるの?」「無課金でも楽しめる?」といったよくある質問にも解説していますので、これからSorareサッカーゲームを始める方は、ぜひチェックしてください。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 掘ることが楽しいブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」CBTプレイレポート
    3Dの鉱山でツルハシ片手に宝石を掘り当てるブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」 の第2回クローズドβテストゲームレポート。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2024-02-04
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザーにNFT追加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • Powered by