English
Connect
ニュース・記事

ChainColosseumPhoenixエコシステム解説

更新日

Oasys上で登場するPlayToEarnのBCG「ChainColosseumPhoenix(CCP)」のエコシステムを詳しく解説します。

ChainColosseumPhoenix概要

ChainColosseumPhoenixエコシステム解説

CCPは、ヒーローNFTを育成しバトルさせることでトークンを稼ぐことのできるBattleToEarnのBCGです。

バトルはPvEで、シンプルなターン性バトルです。プレイヤーは「攻撃・防御」のいずれかを選択し、モンスターは「攻撃・必殺技」のいずれかを繰り出してきます。モンスターの必殺技に上手く防御を合わせていくのがポイントです。また、ヒーローには属性があり、遭遇した敵との属性相性などを考慮して戦わせるヒーローを選択していきます。

ヒーローを掛け合わせることで新たなヒーローを生み出すことが可能で、自分のチームの属性のバリエーションを増やしたり、ヒーロー数に依存するエナジー(バトルを行うためのスタミナのようなもの)を増やしたりしていきます。

エコシステムの大枠は、MoveToEarnで話題になったSTEPNを踏襲していますが、STEPNで明確になったエコシステム維持のための課題に対する対策を講じています。

ゲームはOasysのMCH Verseで2023年1Qにローンチ予定となっています。

ChainColosseumPhoenixの特徴的なシステム

PlayToEarnの大きな課題は、エコシステムの崩壊です。そして、それを招くのはNFTないしユーティリティートークン(UT)のインフレです。供給と消費のバランスが崩れると一気にインフレが進むため、その調整が重要となります。

CCPでは、この課題の対策としてSTEPNにはなかった以下の4つの特徴的なシステムが組み込まれる予定です。

1. ヒーローの寿命
2. ソウルマイニングシステム
3. ヒーローの属性
4. アンチトレーダーフィールド

それぞれ解説していきます。

ヒーローの寿命

ChainColosseumPhoenixエコシステム解説

ヒーローには60日という寿命(ライフ)があります。本から召喚されたヒーローは徐々にライフが減少していき、ゼロになるとバトルに参加させることができなくなったり、エナジーのカウントから除外されてしまいます。

ライフは病気や怪我といったバッドステータスによっても減少しますが、これらはアイテムを使うことで治療することが可能です。

また、死亡したヒーローは、同じレアリティのヒーローを生贄に捧げることで復活させることができます。

ライフシステムによって、1体のヒーローだけを使えばいいわけではなくなり、複数ヒーローを育てる必要性が出てきます。ヒーローの育成にはUTの消費が必要となるため、インフレを抑制します。

単純に使えなくなるだけではユーザーにとっても気持ちいものではありません。寿命を迎えたヒーローは、次に説明するソウルマイニングシステムに活用されていきます。

ソウルマイニングシステム

バトルで稼いだトークンのうち、運営が設定した閾値を超えるものについては、自動的にUSDCにswapされ、戦ったヒーローに紐づいたトレジャリーに貯められていきます。つまり、バトルで頑張ったヒーローに裏付け資産がつくわけです。

このトレジャリーのUSDCは、ヒーローが死亡した状態を維持することで徐々にユーザーに還元されます。これがソウルマイニングシステム(SMS)です。

ヒーローは60日または病気などで寿命を迎えてしまいますが、戦ってUSDCがストックされたヒーローであれば、死亡によって価値がなくなるわけでなく、むしろ投資回収フェーズに入るということでもあります。

また、復活させるという選択肢もあるため、第二の人生でさらにUSDCをストックさせていってもいいですよね。

寿命システムとSMSによって、プレイヤーの努力が無駄にならずにNFT発行数のインフレを抑制することができます。

ヒーローの属性

ヒーローには属性が付与されており、モンスターとの属性相性でバトルの有利・不利が生じます。これによって、複数ヒーローを保有・育成することに対してインセンティブが発生し、育成に伴うUTの消費を促します。

寿命によるヒーローの入れ替わりや、属性などを考慮してパーティを戦略的に育成していく楽しみ方もできそうです。

アンチトレーダーフィールド

UTを安い時に買い占めて、高くなったタイミングで売却するトレーダーの動きはエコシステムに大きな影響を与えます。短期的に見ればプレイヤーの収益が増えますが、不必要に高騰したトークンはプレイヤーの損失につながりやすいです。

そこで、CCPではUTのコントラクトに取引の制限をつけ、ゲームで稼いだUT以外は取引できないようにします。トレーダーを排除することで、プレイヤーは安心してゲームをプレイすることができますし、運営としてもエコシステムをコントロールしやすくなり、プレイヤーのための運営をしやすくなります。

ゲームサイクル

ChainColosseumPhoenixエコシステム解説

CCPのゲームサイクルは、主に以下の3種類のループで成り立っています。
・バトルループ
・mintループ
・ソウルマイニングループ

プレイヤーはどのループをどれくらいリソースを割いていくかを選択して、ゲームを楽しんだり収益を追い求めたりすることができます。

<バトルループ>
・プレイヤーはヒーローを育成してバトルを行いCPTを稼ぐ
・バトルで宝箱がドロップすることがあり、召喚石、アイテムやGemを入手可能
・稼いだCPTはヒーローのレベルアップやGemスロットの解放、mintに消費してパーティを強化

<mintループ>
・親となるヒーロー2体と召喚石を消費して、新しいヒーローをmintできる
・mintしたヒーローを育成したり、売却したりする

<ソウルマイニングループ>
・バトルに参加させてUSDCをヒーロートレジャリーに貯める
・ヒーローのライフがゼロになると死亡状態になる
・死亡状態を維持するとUSDCが徐々に戻ってくる

まとめ

Oasysで登場するBattleToEarnのBCG「ChainColosseumPhoenix」についてまとめました。

STEPNなどの経験を活かし、エコシステムを維持するための意欲的な仕組みが導入されています。初期販売のNFTを保有していると、2023年1Qのオープンβテストから参加できます。ソウルマイニングシステムやアンチトレーダーフィールドを試してみたい方はチェックしてみてください。

公式サイト:https://phoenix.chaincolosseum.org/

Chain Colosseum Phoenix

取引量/24時間
-
取引数/24時間
-
DAU/24時間
-
Chain Colosseum Phoenix(チェインコロシアムフェニックス)は、ターンベースRPGのNFTゲームです。ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysのL2チェーンである「MCH Verse」に対応します。またZaif INOでのNFT販売も予定されています。
プレイヤーは、召喚獣の書から召喚されたヒーローを使い、様々なモンスターと戦い、倒すことでゲーム内通貨を獲得することができます。
プレイヤーが所有するヒーローと獲得したゲーム内通貨は、ブロックチェーン上に存在することになります。これは、マーケットプレイスを利用することで、他のプレイヤーとの間で取引することが可能です。

■ジャンル:ターン制RPG
■対応機種:iOS,Android
■利用:Free to Play.
■リリース時期:
2023年1Qβ版リリース予定
2023年2Q正式リリース
■デモ版:-
■P2E:対応
■言語:英語、日本語
■ネットワーク: MCH verse.
■配信プラットフォーム:App Store,Google Play
■NFT:Genesis NFT、GEM、サモナーズブックなど
■ギルド機能:-
■スカラーシップ:-
■トークン:$CPT(Nativ token) ,$OAS(Minting Heroes, Leveling up)
■ステーキング:-
■レンディング:-
■マーケットプレイス:Zaif INO
■IEO:-
■IDO : -
■INO : Zaif INO 2022年11月21日予定
■スマートコントラクト監査:-
■提供会社:METAVERSE.INC
■開発会社:T2WEB.Inc
https://meta-verse.inc/
■パートナー: MCH、ZaifINO、AVALANCH、OASYS
■ホワイトペーパー:https://chaincolosseum.gitbook.io/phoenix/
■email:

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザーにNFT追加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 2022年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
    現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2022/07 MLBを追記しました。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ(2020年版)
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。 ※2020/11/01 Labが廃止されているなど現状に合わせて記事を追記、修正しました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • Powered by