English
Connect
ニュース・記事

草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。
2021年7月15日に、当社(LAR FOUNDATION LTD.)のNFTデジタルアートプラットフォーム「CryptoArt.Ai」と中国オークション開催業者「上海嘉禾オークション有限会社」が日本アーティスト草間彌生氏による「一念永遠・草間彌生『無限の網』原作及びブロックチェーンデジタル預金証書セレクション」の場を開設されていた。2つの作品を1つの統合されたオークション対象にまとめて競売すした。これは、現在の二級市場またはNFTアート市場にとっても非常に革新的な挑戦でした!

NFTアートとはブロックチェーン技術を活用することで、コピーが容易なデジタルデータに対し、唯一無二な資産的価値を付与し、新たな売買市場を生み出す技術として注目を浴びている「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」。中には数億円の価格が付くデジタルアート作品も登場している。当社運営しているアジア最大級NFTデジタルアート取引プラットフォーム「CryptoArt.Ai」が常にNFTアートの可能性を広げようと思っております。
リリース発表会の当日に、業界内のさまざまな分野のゲスト学者を招待し、「デジタル暗号化における価値の共通認識」をテーマに、オープンラウンド・テーブル・フォーラムを通じ、フィジカルアートとNFT技術の「コラボレーション」、「クリエイション」について研究を行う。関連のオークションイベントも7月23日に開催した。

草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション

出典 : prtimes.jp

※イベントチラシ英語・中国語

 今年の3月から、Beepleの「Everydays:The First 5000 Days」はChristie'sで6900万ドルで世界の在世アーティストとして最高落札額Top3を記録してから、「NFT」の言葉が一夜で世界中の芸術界を熱狂させた。その直後に、各ギャラリー、アート施設、芸術家が「NFTアート」という「特急列車」に殺到した。過去数ヵ月間、フィジカルアートで創作された「NFTアート」が次々と登場した。しかし、ほとんどのケースは侵害リスクに直面しているか、あるいは「見せかけ」だけで、NFT (Non-Fungible Tokens)の本質には触れていない。NFTとフィジカルアートマーケットがどのように業界を越えて連携できるのか、業界の深遠な考えをもたらした。

草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション
草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション

出典 : prtimes.jp

当社のNFTデジタルアートプラットフォーム「CryptoArt.Ai」は上海嘉禾オークション有限会社と提携し、数回で協議した後に、上海嘉禾オークション有限会社が収集した世界現代アートの「ゴッドマザー級」人物の草間彌生(Yayoi Kusama)の最も象徴的なシリーズ「無限の網」の2 つの傑作——「無限の網(1959,c1979)」と「無限の網(MGPP)」を「NFTエンパワー」フィジカルアートの方式で、フィジカルアートの検証書類をブロックチェーンで暗号化することで、NFTとフィジカルアートおよび現実の芸術市場との間の新たな協力構想が開かれることを期待している。

草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション
草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション

出典 : prtimes.jp

伝統芸術品の真偽鑑定は、流通過程で一貫して難所となっていることはよく知られている。国内の伝統的な鑑定方法であれ、国際通用の鑑定手段であれ、その核心は例外なくすべて核心化鑑定モデルです。「中心化鑑定」は人間に依頼しており、その鑑定手法は、次のような流れに基づくことが多い:作風分析—サイン分析—歴史データ分析(出所、権威文献、展覧図録、過去の成約記録など)―技術分析測定報告など。しかし、時間が経つにつれて、一つの作品が一番失われやすいのは添付の歴史データ文献であり、これは多くの作品に疑問を抱かせる鍵となっている。「ブロックチェーンERC 721プロトコル」の登場で、ブロックチェーン暗号化の技術を通じて、伝統的な芸術品鑑定過程における歴史データ文献上の記録と保存方式を変えることができ、芸術品の真偽鑑定の分野でイノベーションを起こした。

「無限の網」は、草間彌生の早期作品の最も象徴的なシリーズであり、草間彌生の西洋芸術界での地位を筑いただけでなく、この一連の創作が草間彌生の人生の最も困難で歴史的な瞬間を代表している。

1957年、28歳だった草間彌生は、母親と決裂してアメリカシアトルに単身赴任で渡り、ゾーイ・デュザンヌ(Zoe Dusanne,、1884-1972)ギャラリーで個人展示会を開いた。一年後、草間彌生はニューヨークに転居し、「無限の網」の創作を開始し、そこでドナルド・ジャド(Donald Judd)と知りあった。ドナルド·ジャドは草間彌生の生涯の親友として、草間彌生の創作才能を高く評価しただけでなく、「無限の網」シリーズをいち早く認めた人であり、ニューヨークに来たばかりの草間彌生をサポートして、多くの創作にチャレンジさせた人物です。

草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション

出典 : prtimes.jp

草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション

1959年、「無限の網」はが初めてニューヨークのブラタギャラリーに展示され、業界でかなり大きい反響を巻き起こした。作品一部の売値が200ドルまで昇り、その当時としては破格の値段だった!そのため、「ニューヨークタイムズ」はその作品を「驚異な力を持っている」、「人を惑わせる」と評した。そして、今日私たちが目にしている「無限の網(1959 C.1979)」は、1959年に草間彌生によって作成された作品であり、彼女の人生で最も重要な時期の作品を友達の田口幸子に贈ったので。この友達が草間彌生の人生にとっていかに重要なのかがわかる。しかし残念なことに、何かの原因で草間彌生は親友との連絡が途切れ、そのため、この作品は草間彌生のスタジオに保管されたままだった。20年後の1979年になって、やっと完璧に完成され、草間彌生アトリエより証書が制作され作品集に収録された。登録番号は:NO.0271。

今日、この作品とその裏の物語が再び公衆の視野に登場し、作品「無限の網(MGPP)」と共に、「NFT+芸術」の形で、この二つの作品の全ての鑑定資料に対し―――流通記録、展示資料、出版図録、証書などを暗号化し、完全なNFTに鋳造してブロックチェーンに保存する。この実践には画期的な意義があるに違いない!「NFTエンパワー」を通じて、これらの豊富な認証情報と画像データは、分散ストレージ方式でIPFS分散サーバーノードに永続的に保存され、これは全世界でNFT「エンパワー」の実体芸術品の第一例です!この一枚のNFTは、二つの作品の成約に伴い、新しいコレクターに贈与され、それ以降の流通毎に記録され、権利が決める。

過去のオークション実績

2021年の春に開催した当社x上海市嘉禾2021年春オークションで、「一念永恒•草間弥生『無限の網』原作とブロックチェーンデジタル登録特場」が7月24日未明、1.05億元で落札された。世界の競売市場における草間弥生作品の最高記録を更新した。北京時間2021年7月24日午前2時過ぎ、上海宝龍マリオットホテルの宴会場で、世界中の視聴者が生中継を通じて、槌が落ちる瞬間というエキサイティングな瞬間を目にした。NFTが億万級の実体作品に「力を与える」初の競売モデルとなった。草間弥生氏の最も代表的な作品が、初めて一つの統合目標として登場した。草間弥生『無限の網(Mgpp)』はアジアの重要な私的収蔵から、『無限の網,(1959 C.1979)』は草間弥生と友人の20年の友情を見た唯一の重要作品で、2529−1と2529−2は同一の標的です、3800万人で撮影された、50回以上の入札を通して、8850万元から9000万元まで、最終的に9150万人民元で落札し、プラスコミッション1.05億人民元成約、9117番の依頼で投げられた。会場は拍手に包まれ、この落札価格はアーティスト個人の競売記録を大幅に更新(2019年の『エンドレス・ネット#4』がサザビーズ香港で6243万香港ドルで落札された記録を更新)し、世界的に有名なアートメディアArtproは今回の競売は人類社会が物理的な3次元制限から仮想的なデジタル永生社会へと邁進していると見ることができると投稿した。

草間彌生作品の真贋証明と購入にNFTを採用したオークション

出典 : prtimes.jp


※オークションの開催様子

発信元:LAR FOUNDATION LTD.
HP : https://cryptoart.ai/

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • この著者による記事

    日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • Powered by