ブロックチェーンゲームインフォ-BlockchainGame Info- ブロックチェーンゲーム、dAppsゲームの最新ランキング・情報配信サイト

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

NBA(全米プロバスケットボール協会)とNPBA(プロバスケットボール選手協会)は、Dapper Labsと提携し、ブロックチェーンベースのバスケットボールゲームNBA Top Shot(NBAトップショット)を開発。

2020年頭に提供予定としています。

ツイート
NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

NBA(全米プロバスケットボール協会)とNPBA(プロバスケットボール選手協会)は、Crypto Kitties(クリプトキティーズ)を開発した企業Dapper Labsと提携し、ブロックチェーンベースのバスケットボールゲームNBA Top Shot(NBAトップショット)を開発していることを発表しました。

2019年秋にローンチする予定で、実際にゲームをプレイできるのは、2020年頭に予定されています。

NBA Top Shot(NBAトップショット)の特徴

NBA公式ゲーム
・自分の理想的なチームを編成できる
・チームや選手を育成する
・実際に試合でプレーした内容も反映される
ブロックチェーン技術を利用してトークン化する
・選手の様々なプレーをデジタル収集物(モーメント)として、所有・売買・取引することできる
・モーメントは対戦時に使うことができる

Dapper Labsとは

Dapper Labs社は、2017年11月にDappsゲーム「クリプトキティ(CryptoKitties)」を開発した企業で、サムスン電子傘下のサムスンネクスト、Googleベンチャーズ、ロックフェラー一族が設立した投資会社ベンロック、クリプトファンドのGBICなどから約1,500万ドル(約16億円)を調達に成功しました。

NBAブロックチェーン事情

各スポーツ界、ブロックチェーンの関心度は高まっていますが、バスケットボール界においてもブロックチェーン技術の普及が進められています。

ここでは、NBAでのブロックチェーン技術を活用するチーム、選手をいくつか取り挙げてみました。

ヒューストン・ロケッツ

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

2018年9月、テキサス州ヒューストンを拠点とするNBAチーム、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)は、2018年9月にマイニング業界最大手ビットメイン(BITMAIN)の関連会社アントプール(AntPool)とスポンサー契約を結んでいます。

この提携により、ヒューストン・ロケッツが所有するスタジアム(トヨタセンター)にアントプールの専用ブースが設けられ、来場者はそのスペースを通じて仮想通貨やブロックチェーン、マイニングなどについて知識を学ぶことができるそうです。

サクラメント・キングス

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

カリフォルニア州サクラメントを拠点とするNBAチーム、サクラメント・キングス(Sacramento Kings)は、スタジアムに設置された太陽光パネルで得られた電力を利用して、イーサリアムのマイニングを行なっています。

マイニングによって得られた資金は、慈善活動プログラム(「MinigForGood」に役立てています。

ダラス・マーベリックス

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

テキサス州ダラスを拠点とするプロバスケットボールチーム、ダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)は、健康的な生活を送るために日頃から運動に励んでいる人々を支援している仮想通貨プロジェクトLympo(リンポ)と提携。

この提携により、Lympoで報酬として支払われる仮想通貨リム(LYM)は、ダラス・マーベリックス試合のチケットやその他の関連グッズなどにも利用できるようになります。

スペンサー・ディンウィディー氏

ブルックリン・ネッツ(Brooklyn Nets)に所属するスペンサー・ディンウィディー(Spencer Dinwiddie)氏は、自身がプロデュースしているスニーカーブランド「K8IROS」で仮想通貨決済を導入。

K8IROSは、同氏が全面協力しているブランドで、販売で得られた収益の25.08%を恵まれない子供達に寄付するとしています。

CryptoKitties(クリプトキティーズ)

取引量/24時間
8.497
取引数/24時間
2531
DAU
140
世界で有名なブロックチェーンゲーム。猫の育成ゲームです。dAppsに多くの人が興味を持つきっかけとなったゲームです。1000万以上で売買された猫が出たことで話題になりました。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

関連記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

2019年押しブロックチェーンゲームはこれ!

2019年あなたの推しブロッチェーンゲームはこれ! Blockchaingame INFO & GO!WALLET共催 新春Twitterフォロー&リツイートキャンペーン

2019-01-01

dAppsとは何か?dAppsゲームとブロックチェーンゲームは違う?

ブロックチェーンゲームを調べてみると、「dApps」という単語がよく出てきますよね。初めてみると読みもよくわかりません。 この記事ではdAppsとは何かを解説します!

2019-06-13

ブロックチェーンゲームとは?従来のゲームとの違いを解説

2017年末にCryptoKittiesが出てきて、ブロックチェーン技術を用いたゲームが一気に話題になりました。 この記事では、ブロックチェーンゲームとは何か、また、従来のゲームについての違いを簡単に説明します。

2019-06-13

クリプトキティの買い方|収益化を狙うなら公式よりもOpenSeaで買うべき!

クリプトキティは公式サイトで猫の売買がされていますが、収益化を狙うならサードパーティーの取引所であるOpenSeaを使うことをオススメします。この記事では、OpenSeaでのクリプトキティの買い方や、便利な機能の使い方を紹介します。

2018-06-16

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!