BlockchainGameInfo
 

マイニング報酬を日本円にする方法。

NiceHashMinerの場合、マイニングの報酬はビットコインで受け取ります。

NiceHashMinerでの仮想通貨マイニング報酬(正確にはハッシュパワーの提供に対する報酬)は、ビットコインで受け取れます。NiceHashのユーザーページ上では、報酬として受け取ることができるビットコインが「Wallet」上に表示されています。これは、NiceHash側にある内部ウォレットアドレスに蓄積されているもので、このままの状態では日本円に換金することができません。(ちなみにNiceHashはスロベニアにあります)
日本国内の仮想通貨取引所に口座を作って、マイニング報酬を日本円で手にして、成果を実感してみましょう。

国内の仮想通貨取引所に受金用ウォレットを用意

「ビットコインを国内で受け取る→日本円に換金する」という目的を果たすだけでしたら、取引所、販売所、交換業者、などといろいろに呼ばれている仮想通貨を扱う交換会社の間にさほど違いはありません。
発生する手数料やその時々の相場に若干違いがありますが、ビットフライヤーやコインチェックなど、できる限り「金融庁の登録を受けた交換業者」を選択することをおすすめします。
業者を選択し、口座を開設すると、その口座のビットコインアドレスが振られます。

ビットコインを移動させる。

NiceHashウォレットにも、ビットコインアドレスが振られています。ここに入っているビットコインを、国内の仮想通貨取引所のビットコインアドレスに送金することで、日本円建てでの取引が可能になります。(スロベニア→日本にビットコインが飛びます!)いよいよこれで日本円が手に入る、ということになります。

<送金手順>

1.NiceHashのWalletにある"Withdraw"をクリックし、"Withdraw options"ボックス内の上のボタン"Withdraw to my BTC wallet"をクリックします。
2."wallet address"内に国内の取引所のビットコインアドレスを入力します。(桁数が非常多いので確実に入力、またはコピー&ペーストをします)※1桁でも間違えると届きません
3."AMOUNT"に送りたいビットコインの数量を入力します。
4.手数料と差し引きの送金額が表示されるので、確認後"Add to Withdrawals"をクリックします。
5.Nicehashに登録したメールアドレスに確認用のメールが届きます。
※2段階認証を利用している場合は、所定のタイミングで入力を求められます。
受金側に反映されるタイミングは、概ねブロックチェーンの更新がされ次第となっています。(ここはASICがガシガシと暗号・計算処理します…)

避けて通れない手数料対策

NiceHashウォレットから国内取引所など外部ウォレットにビットコインを送金する場合には、NiceHash側に支払う送金手数料が発生します。これは日本円に換金する際は避けられない経費となります。現在の設定では最低出金額が0.0021BTCで手数料率は0.2%、手数料最低額が0.0001BTCとなっています。CoinBaseへの出金は手数料ゼロですが、日本円にしたい場合にはここからさらに国内の仮想通貨取引所へ送金するのための手数料がかかる可能性があるのであまりお勧めしないです。
送金手数料が最低0.0001BTCなので、ある程度まとまった金額までNicehash側でビットコインを貯めたうえで外部ウォレットへの送金をするようにしましょう。

まとめ

筆者の場合は概ね0.015~0.02BTC貯まるごとに自身の国内アドレスに入れるようにしています。
国内の仮想通貨取引所のなかには、売買手数料を取るところや売却で得た日本円を自分の銀行口座に振り込む際に手数料が必要なところが多くあります、また手数料率や金額にもかなり差があるようです。
取引所・販売所のサイトに表示されている手数料表示とにらめっこしながら、ご自分にあったところを見つけましょう。
おしまい

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

オススメの記事BlockchaingameNews注目記事

シェア

ツイート

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ編集部

blockchaingame.jp 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届け。