ブロックチェーンゲーム インフォ- dApps、ブロックチェーンゲームの最新情報を毎日配信中、最新ランキングも配信

イーサリアム・ERC-20の特徴について

2018-08-28

前回、ERCについて書いてみましたが、今回はERC-20について纏めてみました。

イーサリアムのERC-20の特徴について

ERC-20の特長を伝える前に、そもそもの「ERC」が何か?について前回纏めてみましたが、ERCはイーサリアム上における技術仕様を文章化したもの。
つまりはイーサリアムに関する技術仕様書でここから問題定義が始まります。

そしてERCの後の数字は、Githubで提案された順番を示し、ERC-20であれば20番目に提案されたものとなります。

ERC-223であれば223番目。ERC-721であれば721番目ということになり、それぞれ異なった特徴を帯びています。

ERC-20は規格になるので仮想通貨という認識は誤りです。
ERC-20の規格に準拠したトークンを総称してREC-20トークンと呼び、Binance Coin、OmiseGo、Augurなどが挙げられます。

ERC-20が開発されるまでの背景

ERC-20が採用される前は、規格が標準化されておらず、各トークン独自のプログラミング言語やアルゴリズムを活用していたため、トークンを一括で管理できなかったため、送金方法や受信方法がそれぞれ異なっていました。

これはトークンを開発する者、トークンを扱う取引所、トークンを保有するユーザーにおいて非常に難をもたらすことになります。

送受信が異なるということは、各トークン別々のウォレットを作らなければいけません。

また、取引所においてERC-20トークンは、ある程度の安全性、基本的な機能を持ち合わせているので、取引所側も「ウォレット」という点だけでなく、上場させる基準として審査が通りやすくなっています。


ERC-20が開発される前

・一からトークンを作らなければならない

・各トークン技術仕様が異なるため、取引所など管理しづらい(ウォレットがバラバラなど含め)

・それぞれのトークンに対しウォレット、安全性などを考慮する必要がある

ERC-20が開発されて

・開発者は一からトークンを作らなくてすむ

ERC-20に準拠しているとERC-20に対応したウォレットを利用することができるので管理がしやすい

ERC-20に準拠したトークンは、ある程度のラインにおいて安全性が保障されている。

ICOにおいてERC-20の規格に準拠したトークンが多く発行されていますが、その要因として上の表に示したことが挙げられます。

ERC-20の規格に準拠することで共通したプログラムで取引できるため、その都度環境を整える必要がありません。
開発者にとって時間や労力を大幅に削減できることができ、ERC-20は基本的な機能を整えた規格なので、同規格のトークン同士の互換性がとても優れてもいます。

ERC-20が抱える問題

イーサリアム・ERC-20の特徴について

ERC-20トークンは正式に採用されていますが、大きな問題を抱えています。
ERC-20トークンはユーザーが持つ通常のアドレスとは別に、「コントラクトアドレス」というものが存在します。
これは普段使っているアドレスとは違い契約プログラム上のアドレスで間違ってユーザーのアドレスではなくコントラクトアドレスを入力してしまうと引き出すことができず消失してしまいます。

これは理論上だけではなく実際に起こっていることで、GitHub(下記リンク)を見ると

1. QTUM、$ 1,204,273 lost
2. EOS、$ 1,015,131 lost
3. GNT、$ 249,627 lost
4. STORJ、$ 217,477 lost
5. Tronix、$ 201,232 lost
6. DGD、$ 151,826 lost
7. OMG、$ 149,941 lost

上記が示すように多くのトークンが消失しています。(2017年12月27日時点)

このように送金先を間違えるとトークンを消失してしまいますのでユーザーが「安心して利用することができない」と言われています。

最後に

さてここまでERC-20について纏めてみました。
ERC-20が採用されてから多くのトークンが発行されてきました。
規格に準拠することで仕様を統一化し、とても便利な環境を整えることができましたが、誤送信による消失という課題を抱えたERC-20

しかしこの問題を解決するために作られた新たな規格ERC-223などもあります。

次回はERC-223について纏めてみたいと思います。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

シェア

ツイート

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る

2019年05月24日

MyEtherWallet(マイイーサーウォレット)で自分のウォレットにアクセスする方法:MEWconnect

2019年05月24日

堀江貴文氏が豚のキャラクター「ホリエトン」になって参戦!『くりぷ豚』リリース1周年 記念イベント開催中!

2019年05月23日

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の新バージョンMEW V5はシンプルなデザインを特徴としたウォレット

2019年05月23日

ARを使ったブロックチェーンゲーム「AUGMENTORS」とは?クローズドMVPがリリース!

2019年05月22日

クリプトダービー(Crypto Derby)について

2019年05月22日

クオン、世界1億DL超えキャラクターのライセンス権をブロックチェーン技術を用いて販売開始!

2019年05月22日

楽天ウォレットの概要について

2019年05月22日

Holo(ホロ)の特徴について

2019年05月21日

【TomoChainはイーサリアムをベースに作られた仮想通貨。特徴を簡単解説】

2019年05月21日

【Enjinはブロックチェーンに特化したプラットフォーム。特徴を簡単解説】

2019年05月20日

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、仮想通貨に関する税金カリキュラムを5月20日より提供開始します。

2019年05月20日